冬脇汗

冬なのに脇汗が多くなる4つのポイント

夏場は暑いので、脇汗が気になるのはなんとなくわかるのですが、寒い冬になぜ?こんな脇汗が出るの?

と、疑問に思っている方も多いと思います。

実は脇汗は体温調節のためだけではなく、様々な理由で発汗されます。

この記事では、そんな冬場の脇汗の発汗が多くなる理由を解説していきます。

冬でも脇汗が増える4つのポイント

脇汗ポイント
原因その1.冬の衣類

冬場は寒いので厚着になります。
また、風を通し難いコート等を着るので、脇汗が気化し難い状況です。

そのため、1度発汗した脇汗が、いつまでも脇に留まり、脇汗を意識してしまうことが多いのです。

そして、暖かい服装は気密性が高いので、脇汗によって発生した臭いが、密閉されます。
その密閉された臭いが服を脱ぐ時に一気に発散しれるので、冬場の脇汗は臭いがきついと感じるのです。

冬の厚着にご用心

・原因その2.水分量

冬場は他の時期に比べて、飲み物を飲む量が減る傾向にあります。

そのため、冬場に発汗される汗は濃度が濃く、ベタつくので多く発汗されている気持ちになります。

また、冬場の汗の水分保有量は他の時期に比べて少ないので、冬場の汗の方が臭いが強くなる傾向にあります。

冬の水分不足にご用心

・原因その3.基礎代謝

人間は寒い時期の方が基礎代謝が高くなります。
それは、寒い場所にいると熱を産み出さなければ、体温を維持できないからです。

そのため、他の時期に比べると、寒い冬の時期の方が基礎代謝が高くなります。

そして、基礎代謝が高い状態というのは、体の中は常に活発に動いて熱を生み出している状況です。
つまり、冬場の運動は、体内が既に動いている所に、自分の運動が追加されるので、他の時期に比べて多くの汗を発汗します。

そして、冬場の脇汗は服装の関係で気化し難いので、脇の部分の温度がなかなか下がらないので、体は体温を下げるために、更に脇汗を発汗するという連鎖を起こします。

その結果、多くの脇汗を発汗してしまうことがありるのです。

・原因その4.食べ物

冬場は体を暖めるために、辛い物を食べる機会が多くなると思います。

辛い食べ物は、汗を発汗される効果があるので、熱さと辛さが合間って、多くの脇汗を発汗させやすいです。

冬の辛い食べ物にはご用心

冬なのに・・・なぜ脇汗が多くでるの? 冬と脇汗の関係についてまとめ

脇汗まとめ
このような原因から、冬場はおおく脇汗を発汗させやすい時期です。

そのため、汗を発汗させやすい時期と自覚して、暖かい室内に入る際には上着を脱ぐなどの対策を行うのが良いでしょう。

管理人が厳選した脇汗に効く!おすすめ薬・制汗剤ランキング