脇汗治療

脇汗の治療方法6種類

脇汗はひどいと、自分で制汗剤などを利用して抑制することが難しい場合があります。

そのため「もういっそのこと、病院で治療をしてもらった方が良いのかな?」と思う方もいると思います。

しかし、病院で治療となると、何だか怖そうな印象があると思います。

実際、脇汗の治療には色々な種類があり、脇を切って汗腺を切除する物や、脇の皮下組織を根こそぎ切る物など、聞くだけだと、とても怖そうな治療もあります。

そこで、この記事では一般的な脇汗の治療方法について解説していきます。

その1、塗り薬(塩化アルミニウム外用)

病院で処方される塗り薬は、塩分アルミニウムを配合した塗り薬(塩化アルミニウム外用)が処方される場合が多いです。

塩分アルミニウムは、汗に反応して固まる性質があり、高い制汗効果があります。

ただし、余りにも汗の量が多いと塗り薬が流れてしまうので、効果が必ずしもあるとは言えません。

その2、飲み薬(抗コリン薬)

漢方薬や内服薬によって汗の抑制する薬もあります。

漢方薬は体質を改善して汗を抑制するので、効果が出るまでに時間が掛かります。また、漢方薬の合う合わないもありますので、万人に効果的な方法では無いと思います。

脇汗を抑えために、処方される内服薬は主に抗コリン薬です。

抗コリン薬は、脇汗の発汗を促す神経伝達を妨害する効果があり、飲めば一定時間脇汗を抑制できます。

ただし、長期間服用を続けると様々な副作用が出るので、医師の指示に従って使用して下さい。

その3、心理療法

脇汗の原因が心理的ストレスの場合には、カウンセリングなどの心理療法を行う場合もあります。

その4、ボトックス注射療法

ボトックス注射は、脇汗の発汗を促す神経伝達を妨害する効果があります。

この注射は、1度の施術で半年程効果があり、高い確率で脇汗を抑制できる優秀な療法です。

ただし、この療法は保険が適用できない場合もあり、その場合は高額な費用が必要になります。

その5、汗腺を切除、除去する療法

外科的な方法で、汗腺を切除、除去する療法もあります。

物理的に汗腺を切除、除去するので確実に脇汗は止まりますが、代償性発汗を始めとした深刻な副作用もあります。

選択する際には、よく考えてから決断するのが良いでしょう。

その6、交感神経を切除する療法

外科的な方法で、脇汗の発汗を促している交感神経の1部を切除する療法です。

この療法では、物理的に交感神経を切除するので、脇汗は高い確率で止まりますが、この療法でも代償性発汗などの深刻な副作用を招くことがあります。

そのため、この療法を選ぶ際には、よく考えてから、決断するのが良いでしょう。

その他の脇汗治療法

脇汗まとめ
また、ここで紹介した方法以外にも、脇汗を抑制する新しい療法が産まれ続けています。

新しい療法は、術後のデータが乏しいので思いもよらない副作用が起こる場合があります。

塗り薬や飲み薬なら、気楽にチャレンジしても良いとは思いますが、外科的療法で新しい療法はリスクが伴うことを理解した上で行うのが良いでしょう。

管理人が厳選した脇汗に効く!おすすめ薬・制汗剤ランキング